スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太る食事・太らない食事

おぃーす

前回であなたが1日に必要なカロリー数は
把握できたかな?
前回はこちらから→ダイエットで食生活と楽しむ


さーてと、今回は、予告通り
PFC(たんぱく質、脂質、糖質)を
効率よく食べるタイミングについて
話しでもしようかな。

実は、同じカロリー数でも、
このPFCを食べるタイミングを間違えると
なっ、なっ、なんと太りやすくなるのだ!!!
ガビーン

ではどうしたらよいのか、
続きは、こちらからね
ダイエットランキング←これをポチっとしてからね。


まず、ポイントとなるのは
食べ合わせタイミングだ。
それぞれ、見てみよう。

<食べ合わせ>
この食べ合わせに注目しなければ
いけない。
脂質+糖質

例えば、天丼、カツ丼、カレーライス
スパゲッティペペロンチーノなど、
ご飯又は、麺類+脂ものというカップル

この組み合わせは、脂肪が体につきやすい
組み合わせである。
が、しかーし
腹持ちのいい組み合わせでもある。

そして、腹持ちがいいとえば、たんぱく質と食物繊維
たんぱく質、特に肉は脂肪もいっしょになる場合が
多いので、注意!

<食べるタイミング>
とにかく夜は、副交感神経が活発に働き
摂取した栄養素の吸収を促進する時間帯。
 人間は就寝中に体を作るので、筋肉も活発に
作るが、その代わり、脂肪も活発に作られる。

逆に昼間は、交感神経が活発に働くので、
摂取した栄養素は、積極的にエネルギーと
して使われる。

つーことで


それでは、1日3食にまとめてみよう!
朝食―糖質を中心に。脂質やたんぱく質は消化に時間が
   かかるので、血液が消化活動に使われ、少し頭がボーと
   しがち。

昼食―個人的には、1日で1番カロリーを取ってもよい。
   油ものも、この時に。
   もし、午後の仕事に差し支えるようであれば、
   控えめにして、午後の3~4時ごろに、糖質を摂取する。

夜―糖質は控えめにする。食物繊維の多い野菜を中心にし、
  たんぱく質を組み合わせ、腹持ちをよくし、夜食を予防する。



こんな感じでまとめてみましたぞ。
参考にしてみてちょ!


応援宜しくお願いします。

次回から、少しリニューアルします!

しばらくお待ちくだしいまし。

押してもらえると、うれしいっす。涙が出るっス

人気blogランキング←これを押してやってください。


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://naokicci.blog29.fc2.com/tb.php/27-c62c38a5

コメント

知らなかった
なんとなく、夕食で糖分は控えたほうがいいとは思っていましたが、
食べる組み合わせや時間帯は勉強になりました。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。